アスリチューンの使い方

TOPICS

ATHLETUNE
ポケットエナジー白オレンジ味が登場!
ATHLETUNE3種類の製品情報
エナゲイン・スピードキュア・ポケットエナジー
ATHLETUNEはこうして誕生した!
製品誕生3つのストーリー

補給食とカフェインについて

※最初に記載しておきますが、この記事はカフェインの有用性を否定するものではありません。

先日、「カフェイン中毒、5年で101人搬送」という報道がありました。

カフェインは、身近な食品だとコーヒーや緑茶に多く含まれています。「眠気覚まし」とか「やる気が上がる」などの効果があると言われており、眠気対策用のドリンクやエナジードリンクなどにも多く含有されていますね。
補給食の中にもカフェインを使用した製品があり、「ここ一番の局面で踏ん張れる」という感想もあるようです。

お客さまからは「アスリチューンにはなぜカフェインが入っていないのか?」という問い合わせを頂くことがあり、以前のブログでも理由を記載させていただきました。

hayato-kk.blogspot.jp

理由を一言でいうと「カフェインに対する反応は個人差が大きく、使い方によってはパフォーマンスを下げる可能性がある」からです。

今回の報道でも「中毒症状は成人では1g/日の摂取で中毒症状が出る場合がある」とありましたが、人によってはこの半分の量でも頭痛や吐き気などの軽い中毒症状を訴える人はいます。また、症状が重ければ急性カフェイン中毒で命を落とすこともあります。

日常生活の中でもこういったことが起こるのに、身体に大きな負荷がかかるスポーツの時にカフェインを摂ることによってパフォーマンスを下げることはないのか?
選手によっては「体調は悪くなってもレースに勝つために使う」という方もいらっしゃいますが、アスリチューンのユーザーの多くは「楽しむことを目的にスポーツに向き合っている方」です。
せっかく安くないエントリーフィーを払ってレースに参加するのに、補給食が原因の体調不良でリタイアなんてことになったらとても残念です。

効果感を感じられるカフェインの代わりに、身体に悪影響の無い食品成分で「ぐぐ~っ」と来る感じを実感していただきたいので、アスリチューンには様々な機能性成分を使用しています。

f:id:athletune:20170407230417j:plain
結果としてカフェインを使用するよりも製品原価は上がりますが、年齢や性別を問わず、全てのアスリートのパフォーマンスアップを目指す製品としては必要な判断だと考えています。

私の息子(小2)は自転車競技をしており、レース前にはアスリチューンを飲んでいます。子どもがこのような製品を使用することに関してはいろいろな考え方があると思いますが、私は「悪い影響がなければ使えばよい」と考えています。hayato-kk.blogspot.jp

私が子どもに安心してアスリチューンを与えるのは、悪影響の可能性がある成分を使用していないからです。

f:id:athletune:20160822224329j:plain

繰り返しますが、スポーツ時のカフェインの有用性は否定しません。全てのスポーツサプリメントの目的はパフォーマンスアップにあります。自分の体質に合うのであれば、注意しながら使用することで武器になるでしょう。
「周りが使っているから」とか「効くって聞いたから」という理由だけで安易に使うのは、せっかくのレースでパフォーマンスを下げることになるかもしれません。

 自分の体質に合った補給食を見つけることは、レースを戦う上で大きな武器になります。いろいろ試して、是非ご自分の武器を見つけてください。

隼の日常の活動風景はこちら ⇒ 隼FACEBOOK ページ
アスリチューンの全てがここに ⇒ ATHLETUNE オフィシャルサイト
スポーツゼリー・オイルのお申込みはこちら ⇒ 隼ネットショップ(楽天ID決済が使えるようになりました)
大好評!継続サポートプログラムの概要はこちら

LEAVE A REPLY

*

このサイトをシェア

    

HAYATO NET SHOP

隼三上からのお知らせ

三上
アスリチューン継続使用サポートプログラム実施中です!隼ネットショップをご利用後、翌々月末までに隼ネットショップで再注文してくださった皆さんに、注文本数の10%のポケットエナジーをプレゼントしています!ぜひご利用ください。詳しくはこちら
Return Top UA-75241542-1