ATHLETUNE使用例

TOPICS

ATHLETUNE
ポケットエナジー白オレンジ味が登場!
ATHLETUNE3種類の製品情報
エナゲイン・スピードキュア・ポケットエナジー
ATHLETUNEはこうして誕生した!
製品誕生3つのストーリー

ATHLETUNE使用例

お客様からいただいたATHLETUNEの便利な使い方をご紹介します

ATHLETUNEシリーズの特長の一つがTパウチという薄型パッケージです。
マチが無いので「ポケットに入れて運動しても揺れにくい」「持ち運びのストレスを感じにくい」とご好評いただいています。

薄いので、邪魔にならないのがメリットです。逆に「薄いからたまに手に収まりにくいこともある」という声や「切り終わった飲み口が小さいのでコースに落とした」「飲み口をもっと大きくできないか」のお声も頂いています。ご要望は全て検討しています。「多くのスポーツシーンで使えるように」と考えると、なかなか飲み口はすぐに変えられないのが悩みです。

そこで!ATHLETUNEユーザー様から頂いた、便利な飲み方のアイデア・工夫をご紹介します。どれも、手軽にできる、すばらしいアイデアです。

 

飲む時、すぐに飲み口を切れる裏技

ATHLETUNEの容器は全体が1枚のフィルムで作られていて、軽さと薄さを実現しました。その特徴の裏返しとして、「ちぎる部分(飲み口)が掴みにくい」というお声も頂いています。これを解消するための工夫です。

IDEA
セロテープを貼る→切りやすくなる!
切った後の飲み口も下に落ちない。
「飲み口にセロテープを貼って、大きくする」ことで、切りやすさをアップする工夫です。セロテープのもう片方をATHLETUNEの本体部に貼っておくことで「切れ端を落とさずに済む」メリットもある、素晴らしいアイデア。
PROCESS
・飲み口を前後から挟むようにセロテープ1枚で止める。
・セロテープのもう片方の端で、ATHLETUNE本体の肩の部分を止める。

教えて頂いた方法で実際に私たちもやってみて、写真を撮りました。写真では加工する部分を見やすくするために、セロテープではなく色ありのビニールテープを使用しています。

飲み口を前後から挟むようにセロテープでくるむのがポイントです。伸縮性の高いテープ(ビニールテープなど)よりも、伸縮性の低いセロテープの方が使いやすいです。
使用時は、飲み口に貼ったセロテープを引いて、飲み口を切ります

IDEA
市販のソフトフラスクに移して使う
→2本、3本が一度に飲める!
レース前に、ジェルタイプのサプリメントを入れておけるソフトフラスクにATHLETUNEの中身を移して入れておくという方法です。

ソフトフラスクはスポーツショップなどで購入できます。

PROCESS
・ソフトフラスクに、必要な本数、ATHLETUNEの中身を移しておく。
写真は、市販の『SALOMON ソフトフラスク150ml』です。
ソフトフラスクは個人の持ち物のため、移し替えは自己責任になってしまいますが、ATHLETUNEを1本ずつ補給すると時間のロスがある場合は、かなり有効
ATHLETUNEは全て40g台なので、150g用のソフトフラスクで、3本分入ります。

掴みにくさを解消する裏技

IDEA
半分に折ってセロテープで止める
→片手でカンタンに掴める!
ウェアのバックポケットに入れて持ち運ぶ人は多いと思います。「急いで使うとき、いざその時に掴みにくい」ということは、あると思います。そこで教えて頂いたこのアイデア。
PROCESS
・ATHLETUNEの下側を縦半分に折り、セロテープで固定する。固定する幅は、セロテープ2枚分がおススメです。作業はたったこれだけ。立体感が出て、片手で簡単に掴みやすくなります!掴みやすくなって、手にフィットします。使用時は、下から、小指から順番に絞り出すように使うと素早く補給できます

 

IDEA
自転車のトップチューブにセロテープで貼る→
手探りゼロに!
自転車で使う場合、「当日、どこに入れておくのか?」は大事ですね。レースで使用する場合、身に付ける、バックポケットに入れる、のがオーソドックスな方法だと思います。走行中に手探りで探さなくて良いように、自転車のフレームにATHLETUNEを直接貼り付けるアイデアがこれ。飲み口にセロテープを貼って、自転車のフレームに固定します。(貼る位置が大事)
PROCESS
輪にしたセロテープを一番最後に使用するATHLETUNEの背面に貼り、自転車のフレームに軽く止める。ゆるい止め具合に。
ATHLETUNEの飲み口と自転車のフレームを輪にしたセロテープで止めるしっかり。走行中にブラブラしない程度の巻き付けがポイント。
③その一つ前に使用するATHLETUNEを、少し上にずらして、①②の手順でフレームに固定する。
最初に使うATHLETUNEが手前に来るように、①②③を繰り返して準備完了。

使用時、飲み口ではなく、ATHLETUNEの本体を持ってフレームに固定した飲み口をちぎり取ります。自分の自転車でやってみましたが、手探りではないので掴み損ねることがありません。切った飲み口がテープに付いたままフレームに残るので、コースに落とす心配もゼロです。

使い終わったパッケージから残った液体が出てきてベタベタになるのを防ぐ裏技! 

IDEA
キャップ式のパッケージ もしくは市販のフラスクであれば 使用後にキャップを閉めておくことで防ぐことはできますが
アスリチューンの口は切りっぱなしなので厳密に閉じておくことはできません。このままではポケットに入れると中身が出てくる場合があります。

PROCESS
事前に両面テープ(今回は緑色の半透明な物体)を貼っておきます(パッケージの表でも裏でも可)
準備はこれだけです。使い終わった後は飲む口の方から巻いて、両面テープで固定すればこの通り!こうしておけば 中から液ダレしてくることはありませんね。準備の手間もそれほどかからず グッドアイディアです!

【よくある質問】
お客様からお寄せいただく質問をこちらのページにまとめています。

レース当日いつ使うのがいいのか:赤と青のタイミング・レース日までに商品を届けてほしい・支払や配送について・体感はドーピングじゃないですよね?・持続力はどのくらい?・賞味期限を過ぎでも使えるの?・子供にアスリチューンは?・アスリチューンまずは何から使えばよいの?

このサイトをシェア

    

HAYATO NET SHOP

隼三上からのお知らせ

三上
アスリチューン継続使用サポートプログラム実施中です!隼ネットショップをご利用後、翌々月末までに隼ネットショップで再注文してくださった皆さんに、注文本数の10%のポケットエナジーをプレゼントしています!ぜひご利用ください。詳しくはこちら
Return Top UA-75241542-1