アスリチューン

TOPICS

ATHLETUNE
ポケットエナジー白オレンジ味が登場!
ATHLETUNE3種類の製品情報
エナゲイン・スピードキュア・ポケットエナジー
ATHLETUNEはこうして誕生した!
製品誕生3つのストーリー

【アスリチューン広報宣伝局ニュース】局員将醐の宣伝活動報告(2017.6.11 CSCクリテリウム第2戦)

5月21日のやまなしサイクルレース以降、スズカ8時間・犬吠埼エンデューロと出店が伴うイベントがありましたが、将醐局員が参戦できるカテゴリーは無し。
会場には来ているものの走れない週末が続いていました。

走る機会が少なかった将醐局員、今回はレースの為だけにCSC入りなので、到着に余裕を持っても自宅出発は7時でOK。楽ちんです。
不安がある天気予報でしたが、当日は薄曇りながら雨は無さそう。暑すぎず、快適なレース日和です。

CSCに着くと、すぐにレース仲間のTA君やYK君を発見。その後も兄弟で参戦するTH君、チャレンジロードで一緒だったFM君、家族ぐるみでお世話になっているKW君一家も到着。
支度を済ませ軽くローラーを回し、いよいよコースに向かいます。

コースに着いたら準備体操。お約束のポケットエナジー。

f:id:athletune:20170612142506j:plain
ちなみに今回のCSCクリテリウム、将醐局員だけではなく妹の七彩も初参戦。本人の意欲が高ければ、今後は局員に昇格させる予定です。七彩は「ななせ」と読みます。お見知りおきください。

TA君のお父さんの指導の下、試走の前にしっかりと体をほぐします。こういうのは習慣付けが重要。

f:id:athletune:20170612142150j:plain

4月のチャレンジ以降、今回のCSCクリテリウムで3回目のこのコース。レイアウトにも路面にもすっかり慣れて不安はありませんが、試走はしっかり行います。

f:id:athletune:20170612141516j:plain
見知ったお友だちと試走の周回を重ねます。

f:id:athletune:20170612141629j:plain
いつの間にかローテーション練習会のような…。まあ、本番前にしっかり走れたので良いでしょう。

さて今回のCSCクリテリウム、将醐局員は小学1・2年生カテゴリーと小学3・4年生カテゴリー(オープン参加)の2つにエントリーです。

今回の出走数は男子5名・女子2名の7名。大磯やチャレンジロードで一緒に走ったことのある子が多いので、変な緊張はないようです。

f:id:athletune:20170612141953j:plain
並んでいるのを見ると、将醐局員は体格に恵まれているのがよく分かります。
小学校低学年では体格の差が結果に大きく影響するので、言い換えればある程度は走れて当然。本人には「周りのお友だちが大きくなってきたら、いつか勝てなくなる日が来るぞ」と言っています。

今回のレースもただ漫然と走るのではなく、課題を持って参戦しています。今回の課題は「1周60秒以内で周回すること」。前回のCSCクリテリウム第1戦終了後から決めていました。

athletune.hatenablog.com

前回のCSCクリテリウム、小学3・4年生トップのタイムは5分42秒(6周回)。ということは、平均57秒で周回しているということです。2位の子が5分52秒、3位の子が6分11秒です。
小学1・2年生は4周回。周回数の少ないこのカテゴリーで、60秒以内で周れなければお話になりません。
特に一発ドンの1周回目は、慣性スピードもない中で登りのコースということもあり、スタートダッシュを大事にするように話しておきました。

そんなこんなでレーススタート。予定通りスタートダッシュでレースを引っ張ります。

f:id:athletune:20170612144652j:plain
手持ちの腕時計でなんとなく各周回のラップを見ると、1周60秒は切れている様子。良い感じです。

f:id:athletune:20170612144820j:plain
今までは下りでスピードを乗せるのが怖くて今一つ苦手でしたが、この日はしっかりと踏めて速度高く周回できています。

f:id:athletune:20170612145011j:plain
無事にトップでゴール。問題の課題は…

f:id:athletune:20170612145140j:plain
全ての周回で60秒切り達成。勝てたことも大事ですが、当初の目標課題をクリアしたことも良かったです。

この後、七彩インターンのレースを応援して…(詳しくは別記事で)f:id:athletune:20170612145522j:plain

今度はオープン参加の小学3・4年生のレースです。

f:id:athletune:20170612145645j:plain
こちらのレースは3名のオープン参加を含め、合計10名で争われます。体格的にはこの年齢でも遜色ない感じ。このカテゴリーで3位には入れれば良しでしょう。そのためにも今回の課題である「1周回60秒以内」という課題は、重要な意味があります。

f:id:athletune:20170612145943j:plain
スタート!
相変わらずKW君が抜群のスタートダッシュで先頭に出ます。
将醐局員はクリートキャッチに手間取った模様。痛恨のミスです!

f:id:athletune:20170612150109j:plain
最初のコーナーを抜けて5番手につける。ここからしっかりとあげていくことができるか?登りであきらめないことと下りで怖がらないこと。この2つができれば十分に戦える(はず)!

f:id:athletune:20170612150339j:plain
1周目終えて4位で帰ってきました。上位2名はレベルの違う速さ。
ここに喰らい付いていければ大したもんですが…

f:id:athletune:20170612150459j:plain
やはり上位2人は突き抜けて早い…。
将醐局員含めて3名の選手で3位争いです。

f:id:athletune:20170612150705j:plain
激しく順位を入れ替えつつ周回を重ねます。
誰も諦めない!意地のぶつかり合い!

f:id:athletune:20170612150928j:plain
いよいよゴール前!最後まで踏み切れ!

f:id:athletune:20170612151155j:plain
うーん、残念!4位!

f:id:athletune:20170612151256j:plain
リザルトがこちら。課題の60秒以内での周回、残念ながら実りませんでした。
聞けば5周の終わり間際で、他の選手と接触があったらしい。その影響でリアのブレーキを引きずったまま走っていたようです。確かに6周目でガクッと失速して1分7秒。
自分でも走れている感覚があったらしく、このトラブルで3位に入れなかったのが非常に悔しかったようで、人目もはばからず(盛大に鼻水を流しつつ)大泣きしていました。
(本人の名誉のため、写真はありません)

他の選手との接触も、機材のトラブルも、全部ひっくるめてレース。
良い時があれば悪い時もあります。
トラブルに巻き込まれないように他の選手と距離を取ることも大事ですし、機材の整備も大事です。次に生かしましょう。

満点ではありませんでしたが、「1周回60秒以内」という今回の課題はおおむねクリア。トラブルさえなければ無理なハードルではなさそうです。

f:id:athletune:20170612152727j:plain

次回のCSCクリテリウムは9月。しばらく間が空きますが、来週はMTBレース、一週おいて7月2日は宮ケ瀬クリテ、翌9日は袖ヶ浦サマーサイクルロードフェスタとレースが続きます。

走れる機会を大事にして、次のレースでは悔し涙を流さないで済むように頑張りたいと思います。
引き続き応援よろしくお願いします!

隼の日常の活動風景はこちら ⇒ 隼FACEBOOK ページ
アスリチューンの全てがここに ⇒ ATHLETUNE オフィシャルサイト
スポーツゼリー・オイルのお申込みはこちら ⇒ 隼ネットショップ(楽天ID決済が使えるようになりました)
大好評!継続サポートプログラムの概要はこちら

LEAVE A REPLY

*

このサイトをシェア

    

HAYATO NET SHOP

隼三上からのお知らせ

三上
アスリチューン継続使用サポートプログラム実施中です!隼ネットショップをご利用後、翌々月末までに隼ネットショップで再注文してくださった皆さんに、注文本数の10%のポケットエナジーをプレゼントしています!ぜひご利用ください。詳しくはこちら
Return Top UA-75241542-1