アスリチューンの使い方

TOPICS

ATHLETUNE
ポケットエナジー白オレンジ味が登場!
ATHLETUNE3種類の製品情報
エナゲイン・スピードキュア・ポケットエナジー
ATHLETUNEはこうして誕生した!
製品誕生3つのストーリー

【アスリチューン広報宣伝局ニュース】局員将醐(と七彩)の宣伝活動報告(2017.9.3 CSCクリテリウム第3戦)

前日は久しぶりのAACA出店のため長良川サービスセンターに。
今回もキッズサイクリングで楽しい時間を過ごさせていただき、本番のCSCクリテに備えます。出店終了後、沼津に前泊。

今シーズンから出走しているCSCクリテリウムシリーズも今回で第3戦。自分のカテゴリーである小学1・2年生だけでなく3・4年生クラスにオープン参加できるのと、レース後に仲間と一緒に5㎞コースを走るのが楽しみで可能な限り参戦するようにしています。

今回は10時から出走する将醐局員のレース友だち(高校生だけど)の応援もあるため9時前には現地着。
応援しながら、電車でCSC入りする七彩インターンの到着を待ちます。前回はストライダーでの参戦でしたが、この夏の練習で無事に自転車に乗れるまでに成長。今回は未就学児ペダルありの部に参戦です。将醐局員も先輩レーサーとしてしっかりサポートする予定です。

athletune.hatenablog.com

最初のレースは小学1・2年生の部。将醐局員、まず自分のレースに合せてアスリチューンを投入。このところの定番、オレンジ味です。f:id:athletune:20170904201407j:plain

今回は8名の出走で周回数は4周。
勝ち負けも大事ですが、今回のCSCクリテは「1周1分以内で周回する」という課題を明確にして臨んでいます。そして後半のことは考えず、スタート直後から渾身のアタックを決めること。

f:id:athletune:20170904201603j:plain

さて、課題をきっちりクリアすることはできるのでしょうか?
続けて参戦することで慣れた感のあるレース。スタート時に必要以上に緊張することもなくなりました。穏やかな気持ちで号砲を待ちます。f:id:athletune:20170904201903j:plainスタート直後、緩い登りのコースをぐんぐん加速していく将醐局員。最初のコーナーを抜け、下りを使ってさらに後続に差をつける。f:id:athletune:20170904202007j:plain

下りきったコーナーを抜けて登りのストレートを踏みながらゴールラインを超える。1周目、時計の表示は55秒。f:id:athletune:20170904202115j:plain

その後も55~58秒のラップで周回を重ね、無事にゴール。f:id:athletune:20170904202231j:plainこのところガッツポーズが一丁前です。
で、肝心の課題はどうだったか?と言えば…f:id:athletune:20170904202617j:plain

55.00→54.55→57.74→58.30で、全周回1分切りクリア。無事に優勝です。おめでとう。

1・2年生のレース終了後、未就学児ペダルなしの部を挟んで3・4年生の部のスタート。
こちらはオープン参加2名を含んで10名の出走。6周で争われます。f:id:athletune:20170904203027j:plain
自分のカテゴリーのレースの後、フレッシュな足を残している3・4年生と走ります。過去の傾向だと、1分以内の周回を維持できれば上位に食い込める(はず)。上のレベルでも課題をクリアできるか?

f:id:athletune:20170904203151j:plainスタート!
こちらのカテゴリーでは、さすがに将醐局員のスタートダッシュでは前に出ることはできません。渾身のペダリングで何とか先頭のグループについていくのが精一杯。逆に言うと、このクラスである程度の結果を望むのであれば、スタートでのミスは許されないということ。
今回のレースでは特にミスはありませんでしたが、クリートキャッチで手こずるなどスタートに失敗したら、今の脚力だと挽回するのが難しいですね。

f:id:athletune:20170904203514j:plain
1周目のラップタイムは56秒。このペースで周回を刻めればトップ争いに絡めるはず!
実際、トップと大きく離れることなくレースは進行します。

f:id:athletune:20170904203723j:plain
2周目。55秒。余裕はなさそうですが喰らい付いています。

f:id:athletune:20170904203954j:plain
3周目。変わらず55秒。まだ大丈夫!互角に渡り合っています。

f:id:athletune:20170904204153j:plain
4周目。54秒!競り合いでペース上がってます!

f:id:athletune:20170904204439j:plain
5周目。56秒。ここまでか?
でも差は広がってない!最終周回で何が起こるかわからない!集団の誰もレースを捨てていない。良いレースです。

そしてゴール!f:id:athletune:20170904204628j:plain前回同様、着順は4位でしたが内容は大きく進歩しました。トップとの差は2.34秒。前回は26.25秒、前々回は5位で38.88秒のビハインドでしたから、このまま成長していけばトップ争いに加わることも夢ではありません。f:id:athletune:20170904210328j:plain

ただスプリントが弱いのは如何ともしがたい事実。身長は順調に伸びているものの、体重は軽く線が細いままです。かといって今は無理に筋肉をつけるトレーニングをするのは年齢的にも避けたい時期。
バイクコントロールの技術を磨いて、限られた体力を有効に利用させたいですね。

さてその後は七彩のレース。ようやく乗れるようになった自転車で、新しいジャージもまぶしく初レースです。
f:id:athletune:20170904210620j:plain
当然のことながら、まだ「乗りこなす」というレベルには程遠いですが、レースに出たくて練習も頑張りました。
先輩レーサーの将醐局員から「オレンジ味食べれば早く走れるよ」と的確なアドバイス?が飛びます。
f:id:athletune:20170904211925j:image上り坂スタートの練習もしてきましたが、未就学児はスタート時の親のサポートもアリということで万全を期して準備。
今回は4名の出走ですが、他の3名は全員年長さんの男の子。勝ち負けよりも「泣かないで最後まで走る」のを課題に出走です。

スタート!他の選手に比べひときわ遅いですが、緩い上り坂を必死にこいでいきます。
先頭との差は広がる一方。それでも頑張って走ります。f:id:athletune:20170904212030j:image

コーナーを曲がって緩い下り坂。実は握力が弱く、ブレーキを長時間かけることが(筋力的に)難しいことが試走時に判明しました。怖がるようであれば出走を取りやめるつもりでしたが、どうしても走りたいという本人の意思を尊重して、暴走した時は私が並走して手で身体を押さえて止める覚悟で本番に臨んだ次第。f:id:athletune:20170904212112j:image

1周目は上手くクリアしたものの、2周目の下りで案の定暴走。停めるために手を出す前にバイクが暴れて転倒!
華麗に回転しギャン泣きする七彩インターン。幸いなことに、軽い擦り傷と別の機会で作った以前のかさぶたが剥がれたことによる小さな出血だけで大きな怪我はなし。

結構派手に転び,運営にご迷惑をおかけしてしまいました。申し訳ありませんでした。
またご心配してくださった皆さん、ありがとうございました。

こんな訳で、初めてのレースは落車によるDNFというほろ苦い結果になりました。f:id:athletune:20170904212312j:image
「もうレースは出たくない」というかと思いきや、「男の子に負けたのが悔しかった」「次は勝ちたい」と言い出し、昼食タイムの後は自転車に乗って遊びだす七彩インターン。ハートは強いです。

先に帰らなければならないお友だちと一緒にアトラクションで遊び、転んだ恐怖よりも楽しい思い出が記憶に残ってくれてよかった。f:id:athletune:20170904213454j:plain

まずは完走するところから始めて少しずつステップアップさせていこうと思います。次回は転ばないように練習しましょう。

いろいろありましたが、今回のCSCクリテリウムは2人ともよく頑張りました。
次回のレースは18日のしもふさクリテ。毎回激戦のこのレースで、しっかり結果を残してほしいものです。

引き続き応援よろしくお願いします!

隼の日常の活動風景はこちら ⇒ 隼FACEBOOK ページ
アスリチューンの全てがここに ⇒ ATHLETUNE オフィシャルサイト
スポーツゼリー・オイルのお申込みはこちら ⇒ 隼ネットショップ(楽天ID決済が使えるようになりました)
大好評!継続サポートプログラムの概要はこちら

 

LEAVE A REPLY

*

このサイトをシェア

    

HAYATO NET SHOP

隼三上からのお知らせ

三上
アスリチューン継続使用サポートプログラム実施中です!隼ネットショップをご利用後、翌々月末までに隼ネットショップで再注文してくださった皆さんに、注文本数の10%のポケットエナジーをプレゼントしています!ぜひご利用ください。詳しくはこちら
Return Top UA-75241542-1