アスリチューン

TOPICS

ATHLETUNE
ポケットエナジー白オレンジ味が登場!
ATHLETUNE3種類の製品情報
エナゲイン・スピードキュア・ポケットエナジー
ATHLETUNEはこうして誕生した!
製品誕生3つのストーリー

【アスリチューン広報宣伝局ニュース】局員将醐の宣伝活動報告(2017.8.6 トレイルジャム in 苗場)

前日の土曜日は「9極の耐9 in つくばサーキット」。
この日は出走はありませんでしたが、MCの片岡さんやブリッツェンの廣瀬GM、ゲストライダーとして参加していた鈴木真理選手や阿部嵩之選手、グリフィンの川田優作選手やホンダ栃木の小田恵利花選手に構ってもらって大満足の一日でした。f:id:athletune:20170807132900j:plain

朝4時半からブースを設置して撤収したのが夜の8時。将醐局員も相当なお疲れモードでしたが、翌日はトレイルジャム in 苗場に出店のためすぐに移動。

苗場に着いたのは23時半で、この日はハイエース車中泊。将醐局員は筑波で水を浴びて汗を流して来たので、気持ちよくご就寝。f:id:athletune:20170807133428j:plain

夜が明けて苗場の朝はスッキリ快晴。標高1000mだけあって爽やかな空気です。

トレイルジャムはトレイルミックスイベント。トレイルランニングMTBスラックラインなど、トレイルをフィールドとして楽しめるものはすべて楽しんでしまおうという企画です。将醐局員がエントリーしているのはMTB小学1-2年生。どんな選手がエントリーしているのか?何人で競うのかは、当日までわかりません。

trail-jam.com

「今までMTBのレースで優勝したことないんだよね…。」という将醐局員。しかも久しぶりのMTBのレースです。ベストを期すために朝から日差し対策を要求してきます。
勝つために日差し対策をする小学2年生。意識高いです。f:id:athletune:20170807135354j:plain

レースは11時30分から。その前に「子ども向けMTB教室」というプログラムがあったので参加させました。講師はミヤタメリダバイキングチームの恩田祐一選手。贅沢です。f:id:athletune:20170807134739j:plain

レース前に一流の選手から手ほどきを受けることができるというのも非常にありがたいです。いつもイベントでは時間を持て余している将醐局員にとっても楽しい時間だったようです。

11時から始まる試走の前に前日に買っておいた朝食を摂り、併せてポケットエナジーを注入。最近は秋に発売予定のオレンジ味がすっかりお気に入りです。f:id:athletune:20170807135753j:plain

 

いよいよ試走スタート。試走に伴走してくれているのは同じくミヤタメリダバイキングチームの小坂光選手。昨シーズン・シクロクロス世界選手権日本代表の小坂選手です。超贅沢です。f:id:athletune:20170807140431j:plain

レッスンと試走で身体をほぐし、後はスタートを待つだけです。
今回の出走人数は9人。どの子が強いのか?マークすべき選手の情報は全くありませんが、それはみな同じ条件です。「スタートしてから最初のコーナーまでが大事だぞ」とアドバイスをして送り出しました。
スタートラインでは、将醐局員は真ん中より左側を選択。150mほどの直線の後は左コーナーなので悪くない位置です。f:id:athletune:20170807141323j:plain

いよいよスタート。ギヤの選択もハズさず、出だしは悪くありません。コース幅が広くないコースなので最初のコーナーをトップで取れれば十分勝機はあります。さあ、どうか!?f:id:athletune:20170807141839j:plain

よし!何とか僅差で最初のコーナーに入った!
このまま直線をトップでキープして出来れば勝機は一気に拡がる!f:id:athletune:20170807142323j:plain

そのまま直線をクリアしてレースの結果を大きく分ける上り坂へ。
この間の戦国ヒルクライムで「上り坂楽しい!」と言っていた将醐局員。良いイメージでクリアすることができるか!?f:id:athletune:20170807142804j:plain

ここもOK!差を広げつつ上り坂をきっちりクリア。
「この程度の坂ならクリアできる!」という意識が良かった!
小坂選手の先導に続き、このまま行けるか?f:id:athletune:20170807143222j:plain

さあ2周目に入って身体もきつくなってきたぞ。下りの直線で2位の選手も近づいて来てる。
歯を食いしばって頑張る!f:id:athletune:20170807143614j:plain

キツい身体で何とか最後の坂を上り切って最後の直線へ。
小坂選手に前を譲ってもらって後はゴールまでの直線を下りきるのみ!f:id:athletune:20170807143926j:plain

そしてゴール!1位を守り切ることができました。
もちろん順位も嬉しいですが、この出し切った表情。f:id:athletune:20170807144206j:plain

MCの南さんに優勝インタビューされ…。
「将来はオリンピックで金メダルを取れる自転車選手になりたいです」だそうです。f:id:athletune:20170807144424j:plain

やり切った感満載でコースアウトすると…。
応援してくれていた多田さんに祝福されてご満悦。
前日からの移動疲れと車内泊で十分に身体を休められなかった中で最後まで手を抜かずに出し切れた店は褒めてあげたいと思います。f:id:athletune:20170807144814j:plain

で、リザルトがこちら。
久しぶりのMTBでしっかり走り切れました。
本人も「やっとMTBで優勝できた」とホッとしたご様子。
f:id:athletune:20170807145548j:plain

新しいアスリチューンジャージで初めて乗った表彰台は、一番高いところでした。広報宣伝局員としてしっかり仕事しましたね。
お疲れさま。f:id:athletune:20170807145729j:plain

その後も会場近くを自転車で走り回っていましたが、残念ながら急な雷雨でイベントは中止。午後のMTBレッスンも楽しみにしていましたが、こればかりは仕方ありません。

ブースを撤収し、帰る途中で日帰り温泉に。前日からの汗やほこりをすっかり落として気持ちよく帰路につきました。f:id:athletune:20170807150249j:plain

そんなこんなで苗場を出発したのは16時半ごろ。
「ちょうど渋滞にハマるだろうな…」と思っていたら、案の定、藤岡から先は50㎞の渋滞との表示。逃げ道もないので渋滞の列に並びます。
将醐局員は疲れ切ってすっかりバッテリー切れ。結局4時間かけて帰宅しました。f:id:athletune:20170807150555j:plain

8月最初の週末も、こんな感じで自転車漬けで終了しました。
今週は水曜日からコラッジョ川西の合宿に参加させていただき、再来週末は今年の夏休みのハイライト、シマノ鈴鹿(2日間)に出走予定です。
全国から猛者が集まるシマノ鈴鹿。全国の小学生の中で将醐局員のレベルはどの程度なのか?足試ししてみたいと思います。

結果はまたブログでご報告しますね!

隼の日常の活動風景はこちら ⇒ 隼FACEBOOK ページ
アスリチューンの全てがここに ⇒ ATHLETUNE オフィシャルサイト
スポーツゼリー・オイルのお申込みはこちら ⇒ 隼ネットショップ(楽天ID決済が使えるようになりました)
大好評!継続サポートプログラムの概要はこちら

LEAVE A REPLY

*

このサイトをシェア

    

HAYATO NET SHOP

隼三上からのお知らせ

三上
アスリチューン継続使用サポートプログラム実施中です!隼ネットショップをご利用後、翌々月末までに隼ネットショップで再注文してくださった皆さんに、注文本数の10%のポケットエナジーをプレゼントしています!ぜひご利用ください。詳しくはこちら
Return Top UA-75241542-1