Sychri

TOPICS

ATHLETUNE
ポケットエナジーにカフェイン入り新製品発売決定!
ATHLETUNE3種類の製品情報
エナゲイン・スピードキュア・ポケットエナジー
ATHLETUNEはこうして誕生した!
製品誕生3つのストーリー

局員将醐の広報宣伝日誌【2019.1.26 COUPE DE AACA#1】

ここ数年出店させていただいている大事なイベント「COUPE DE AACA」。
木曽三川公園長良川サービスセンターを主会場として、東海エリアで開催されています。

ホストチームのKINANの選手はもちろん、他チームのJPT選手も参戦するレベルの高いレース。
手頃なエントリーフィと相まって関東近郊からも足を運ぶ選手がいるほどの人気です。

アスリチューンブースの出店をベースにレース活動に励む将醐局員ですが、
最近は地域による「選手のレベルの差」を感じることが多くなってきました。
「AACAでキッズレースやってくれたら・・。」と思っていましたが、
いよいよ今シーズンからキッズレースを開催してくださることになりました!

これは嬉しい!

ということで、今回「AACAキッズレース」第1戦のレースレポートです。

 

毎回、風が強くて過去にはテントのフレームがゆがんだこともある長良川サービスセンターですが、
キッズレースがあるこの日も風は容赦ありません。
朝のうちは、天気は良いものの「強風」と言うより「爆風」。
テントが飛ばされないように車をアンカーにしてタイダウンベルトで押さえています。

キッズレースの開催と併せて嬉しいのがライディングスクールの実施。
午前1回・午後1回と、キナンの選手が基礎的なコントロールの仕方をレクチャーしてくれます。
午前中のスクール時には強風に加え大粒の雪!

© KINAN Cycling Team / Midori SHIMIZU

こんな状況の中でも開催してくれることに本当に感謝です。

幸い雪はそれほど長くは続かず、スクール終了と同じくらいで止みました。
そろそろレースに向けて準備開始。
まずは準備運動です。
今回はお友だちのKN君も関東から参戦。やはり強豪が集まるレースでは一緒になります。
アップはいつものように一緒にローラー。

いよいよスタートグリッドに並びます。
クラスは「ビンディングあり」と「ビンディングなし」の2カテゴリー。
学年による区分けはありません。
最前列に並んでスタートを待ちます。
今回のレースは3.1kmのコースを2周。6kmを超える走りごたえのあるレース。
ホームストレート側は強烈な向かい風、バックストレートは追い風。
長良川サービスセンター名物の「強風」にどう立ち向かうのか?見ものです。

最初はローリング。リアルスタートまでの数百mを慎重に進みます。
距離が長いからか、一緒に出走するお兄さんレーサーたちも先行を許してくれています。

先導車の加速でリアルスタートは分かりましたが、その後の展開は目視では分かりません。
1周目の終盤でようやく姿が見えました。
お兄さん選手に混ざって先頭集団で戻ってきた様子。
さすがにレース慣れしている上級生は駆け引きも上手で、しっかり足を残している。
それでも追い風に乗って将醐局員にとってはかなりなペースで付いていった模様。
この後まだ1周残ってます…。

最終コーナーに入る頃には上級生3人が前に出て将醐局員は4番目。
そのまま向かい風のホームストレートに入ると、また牽制が始まります。
言う間でもなく、向かい風のホームストレートは先頭に出るより後ろに付いた方が圧倒的に楽。
このまましばらく楽をさせてもらえるかと思いきや、
なんとペースが緩んだ隙に将醐局員ペースアップ!
そのままトップでコントロールラインを通過して2周目に突入。

と、その先のクランクで上級生3人がアタック!
あまりの鋭さについていくこともできず、あっさり置いていかれます。

しばらく走っているとKN君が合流。
そこから2人で走りますが、上級生3人に追いつけるはずもなく。
姿が見えた時には大きく水を開けられ、 KN君 ⇒ 将醐局員 の順に。
序盤から前に出て上級生のペースに付いて行き、脚は終わっている様子。
このままKN君に一矢報いることもできずに終わるのか?

最終コーナーを抜けてゴールスプリント。意地で脚を回します。
結果は…
やはり敵いませんでした。結果は5着。

レースの展開としては「稚拙極まりない」としか言えませんが、
6.2kmのレースで上級生相手に果敢に前に出て行ったのは良い心がけです。
また、弱点のペダリングを意識して走ったのも褒めてあげましょう。

今回のレースで、上級生との体力の差を一番実感したのは本人です。
高いレベルのレースだからこそ、勝敗だけではなく課題を明確にして場数を踏んでいきたいところ。
この経験を活かしてレベルアップして欲しいですね。

レース後はコラッジョキッズのみんなとKN君も栂尾監督の指導の下、実走に行きました。
ライディングスクールとハイレベルなレース、さらにはサイクリングまで。
夢のような機会を作ってくれたAACAの運営の皆さんと栂尾監督には感謝しかありません。

AACAシリーズ戦全戦でキッズレースは催行予定ということなので、これからも楽しみです。
また、関東のお友だちにも是非このレースは経験して欲しい。
そして、やがて関東でもこういった取り組みが増えてくると良いですね。

 

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*

このサイトをシェア

    

HAYATO NET SHOP

隼三上からのお知らせ

三上
ポケットエナジーにカフェイン入り新製品が完成しました!!ただ今 HAYATOネットショップで30本セット以上ご注文で試作品プレゼント中です!。詳しくはこちら
三上
アスリチューン継続使用サポートプログラム実施中です!隼ネットショップをご利用後、翌々月末までに隼ネットショップで再注文してくださった皆さんに、注文本数の10%のポケットエナジーをプレゼントしています!ぜひご利用ください。詳しくはこちら
Return Top UA-75241542-1