アスリチューンの使い方

TOPICS

ATHLETUNE
ポケットエナジー白オレンジ味が登場!
ATHLETUNE3種類の製品情報
エナゲイン・スピードキュア・ポケットエナジー
ATHLETUNEはこうして誕生した!
製品誕生3つのストーリー

局員将醐の広報宣伝日誌【2018.3.17 堺浜クリテ_#4】

マトリックスさん主催の堺浜クリテ
土曜日の7時過ぎには会場入りということで前日の夕方から移動。
当初は車中泊で向かうつもりだったものの、やはりレースに参戦することを考え途中の大津に前泊することに。

ホテルを5時半に出発した時点でなんとなく空が白み始め、1週間前の雨予報が大きく外れたことを確信。
風は若干あるものの、天候的には申し分のない快晴。良かった。

今回、将醐局員が参戦するカテゴリー「アンダー9」は13:30の出走予定。
最近はスタートまでの準備を自分で済ませさせるようにしているため、こんな時間割を使っています。
アップ欄にある「赤・白」は、このタイミングでエナゲインとポケットエナジーを飲むことを意味します。
7時に会場入りして、レースまでは6時間半もあります。
今回はコラッジョキッズのお友だちも参戦するということで、「みんないつ来るかなあ」と言っていますが、
13時半からのレースで朝一から来るはずがありません。

と思っていると、朝一のレースに出場するお父さんと一緒にS君来場!
一緒に試走に行ったり草むらで遊びながら過ごします。
そうこうしているうちにT君も登場。参加予定だったY君は体調不良でDNSとのことで、今回はこの3人で戦います。

エリートに出場したジュニアユースの先輩の指導の下、入念な準備運動。
今回のアンダー9は11人のエントリーがありますが、リストを見るとシマノ鈴鹿で上位に入った選手もいる模様。
小学生は成長が速いので、前回勝てたからと言って安心は禁物。
出店のついでとは言え、神奈川から遠征してきたわけですから恥ずかしいレースはできません。
いつものエナゲイン・ポケットエナジーは言うに及ばず、アグレッシブデザインのエメレもしっかりと。
ヌルつかず・ベトつかず・ニオイもないので、子どもも嫌がりません。
身体に大きな負荷がかかる状態で戦うわけですから、少しのストレスも排除すべき。
アスリチューンに限らず「子どもでも嫌がらない」というのは、万人が使える可能性が高いバロメーターです。

キッズカテゴリー直前の試走タイムは、先輩ライダーのアテンドのもとメンバー全員で周回。
先に行われたアンダー12のレースを召集場所で観戦しつつ、コースインの指示を待ちます。
このアンダー12のレースもかなり白熱。2秒以内に5人がひしめく接戦でハンドルを投げて着が決まるというレベルの高さ。

そしてコースイン。コラッジョキッズのメンバーは右側に陣取り、号砲を待ちます。
緊張しいの将醐局員ですが、チームメンバーがいるのが心強いと見えて落ち着いている様子。

スタート後、しばらくはローリング。
「先頭が見える位置・動いたらすぐに反応のできる位置にいること」を指示しました。
ローリングが長いのか?集団の中ほどに位置してます。何故?

全4周回のうち、早くも1周終了。
さすがにローリングは解除されているはずなのに、何故か集団の中にいる。全然余裕の様子。何故動かない?
何かおかしい。風が強めとは言え、ここまでペースを落とさなければ厳しい状況では無い。
体調が悪い?メカトラ?だとすれば、目の前を通過するときに訴えるはず。
それもない。

最終ラップ。とうとう動く。
「足を貯めていた」と言えばいえるかも。しかしながら、いつものガムシャラ感がないレース。

いよいよゴール直前。この4人の中で優勝が決まる局面。
さあ、誰が獲る!?

獲ったのは将醐局員。最後はハンドルを投げての僅差の勝利。実に0.1秒の差しかありませんでした。
サイコンも外していますし詳細なデータは残していませんが、このところのレースでは平均30km/hを越えていました。
それが今回は30km/h未満。何よりもレース中のガムシャラ感が無いのが気に入りません。

「なんで(先導の)マトリックスの選手抜かなかったの?」と聞いたら「風除けにしてた」と。
これは出まかせ。風除けにするほどくっついていないのは見ていました。
実際は何らかの理由で全力を出し切らなかったのだと思います。
思うところはありましたが、チームのお友だちもいるということで、その場は不問にしました。

ともあれ、チームメンバーで1・4・5位に入賞。揃って表彰式です。
レースの内容はあとで反省会を開くとして、とりあえず大阪遠征で結果を残せたのは良かったです。

レース後、お友だちと賞品のお菓子を食べながらのお楽しみタイム。こうして充実の堺浜クリテは終了です。

帰りはいつものように四日市で渋滞にハマりましたが、その後は順調。
新東名が豊田まで伸びたおかげで、本当にアクセスが良くなりました。

次回は土曜日がサイクルフェスタinキセラ川西。からの日曜日が大磯クリテ。
2週連続の近畿遠征と、チャレンジロード前の最後のクリテリウムです。
出店機材とバイク2台で大荷物ですが、勝ち負けだけでなく内容の濃いレースを期待します。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*

このサイトをシェア

    

HAYATO NET SHOP

隼三上からのお知らせ

三上
アスリチューン継続使用サポートプログラム実施中です!隼ネットショップをご利用後、翌々月末までに隼ネットショップで再注文してくださった皆さんに、注文本数の10%のポケットエナジーをプレゼントしています!ぜひご利用ください。詳しくはこちら
Return Top UA-75241542-1