アスリチューン

TOPICS

ATHLETUNE
ポケットエナジーにカフェイン入り新製品発売決定!
ATHLETUNE3種類の製品情報
エナゲイン・スピードキュア・ポケットエナジー
ATHLETUNEはこうして誕生した!
製品誕生3つのストーリー

局員将醐の広報宣伝日誌(2018.2.25 大磯クリテ#5)

先週の湘南シクロクロスに続き、今週は大磯クリテリウムでした。
今回は3・4年生6名、5・6年生3名の混走で競われます。周回数も両カテゴリーとも5周で同じ。
前回、気持よく優勝できたレースで良いイメージを残しているらしく、「今回も優勝する」と鼻息荒いです。

2018年に入ってからはシクロクロス6戦・ロードレースは前回の大磯クリテ以来、2戦目です。
毎週のようにレースに出場しているせいか見知ったメンバーがいるせいか、極度に緊張しすぎることはなくなりました。
今までは朝一のレース時間だったため試走で足を回してアップとしていましたが、今シーズンからはスケジュールが変更。
意識高く、お年玉で買った3本ローラーを持ち込んでしっかりとアップを行います。
アップが終わり、いつものアスリチューンとアグレッシブデザインのリップを塗ってルーティーン完了。全ての準備・注意事項のアナウンスが済んでグリッドに並びます。
当日は朝のうちは陽が射していましたが、徐々に日が陰り気温も低下。ギリギリまで上着を羽織って体温を保ちます。
スタート1分前のコールで上着を脱いで号砲を待つ頃には、すっかり入り込んだ表情。

号砲とともにスタート。臆することなく堂々と集団の中にいる。どんな展開を見せてくれるのか楽しみです。

周回が進むごとに先頭集団は5人に集約され、小刻みな揺さぶりはあるものの様子見が続く。
途中1人の選手がペースアップしたところで、すかさず追いかけ逃がさなかったのは良い判断。

そのまま周回を重ねいよいよ最終周回。
ジャンを聞いて先頭集団の各選手がペースを上げる。将醐局員は2位で平塚側コーナーを通過。

この先は下り。

脚がある上級生と、ゴール前の登りで勝負するのは分が悪い。
この下りで前に出て、アドバンテージを持ってゴールスプリントに臨みたいところ!
と、コーナーの出口で一人の選手が動いた!すかさず追う。
この反応も早かった。
下りを飛ぶようなスピードで抜けていく2人。集団にいた3人も追う。が、差は開く!

後続の選手との差を確認して、一気に仕掛ける。
「抜くときは一気に。躊躇わず。」シクロクロスでの経験がここで活きた。
安全な距離を開けて思いっきり踏んでいるように見えます。本人曰く「すげースピード出てた」と。
小田原コーナーまでまだ余裕がある時点で、とうとう前に出る。
ここまでは「追いながら」レースを進めてきた将醐局員。ここからゴールまでは追われる側。
そのプレッシャーを感じているのかいないのか?感じていないなら、それはそれでラッキー。
残り半周を思いっきり走って欲しい!

さあ、最終コーナーを立ち上がってくる3人。この登りの直線で決着がつく。
脚は残っているのか?それとも最後に失速するのか?

チェッカーフラッグも用意されてゴールまであと僅か!
そして…。

何とか逃げ切ってゴール!トップでゴールラインを越えることができました。

5・6年生との勝負も目標を達成して嬉しさ満面の将醐局員。
動画を見ると、ゴール前で既にニコニコです(8分50秒ほど)。

そして表彰式。
2位の選手が間に合わず2人だけの表彰台ですが、優勝賞品のアスリチューンを貰ってご満悦です。
今回は目標通り、2クラス混合で出走した5・6年生を含めた9名の中で優勝することができました。
冬場のシクロクロスを通じて、レース前のアップの重要さや前走者の追い越し方など、確実に成長が見えます。

練習する機会は極端に少ない状況ですが、今年に入って既に8レース目という実践型の育成。
レースが終わってもひたすらサドルに跨って過ごす様はあきれるほどです。

来週はとりでクリテ(土)からのCSCクリテリウム(日)。
2日続けてのロードですが、両日とも課題を持って走ってもらいたいと思います。

良い報告ができるよう、楽しんで走ってきます。
応援よろしくお願いします。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*

このサイトをシェア

    

HAYATO NET SHOP

隼三上からのお知らせ

三上
ポケットエナジーにカフェイン入り新製品が完成しました!!ただ今 HAYATOネットショップで30本セット以上ご注文で試作品プレゼント中です!。詳しくはこちら
三上
アスリチューン継続使用サポートプログラム実施中です!隼ネットショップをご利用後、翌々月末までに隼ネットショップで再注文してくださった皆さんに、注文本数の10%のポケットエナジーをプレゼントしています!ぜひご利用ください。詳しくはこちら
Return Top UA-75241542-1