アスリチューン

TOPICS

ATHLETUNE
ポケットエナジー白オレンジ味が登場!
ATHLETUNE3種類の製品情報
エナゲイン・スピードキュア・ポケットエナジー
ATHLETUNEはこうして誕生した!
製品誕生3つのストーリー

アスリチューンが生まれるまでVol.6 ネーミングと試作品の配布準備

(Vol.5からの続き)

アスリチューンが生まれるまでVol.5 楽しんだあとのことも考えないと。

処方が決まったらブランドネームと製品名。これも難しい問題です。

理想は製品特長が一目で分かるような名前ですが、そんな都合が良い名前がすぐに見つかるわけがありません。

まずはブランド名。
・アルファベットでも読みやすい名前
・勢い・前向きさを感じる名前

使うシーンや機能を表す単語を調べ、時にはこの単語そのまま、またはこれらを組み合わせて数十種類の候補を作りました。
今だから明かしますが、最終的に「ATHLETUNE」に決まる前に候補として残っていたシリーズ名は他に2つありました。
「MAX SPORTS」と「ZONE」です。
今となっては「ATHLETUNE」以外に候補があったことが遠い昔に感じますが、センスの有無は別として、当時は真剣でした。

次に製品名。持久力向上処方の製品のネーミング案は ①PRECHARGE、②ENERGAIN、③BOOSTER。
疲労回復処方の製品は ①AFTERCHARGE、②SPEEDCURE ③COOLDOWN。

今、改めて見返すと酷いセンスですが、当時は「とにかく分かりやすい名前であること」にこだわって、
難しく小洒落た名前よりも、使うタイミングや特長が一目で分かるような、そんな名前を求めていました。

ブランド名も製品名も、結果的に良い名前が付けられてよかったです。

名前が決まれば商標登録。
もしいつか大ブレイクした時に、ブランドを乗っ取られるなんてことになったら大変です。

もちろん、申請した経験なんてありませんし、どこに申請するのかも知りません。

一から調べて書類を作り、郵送で特許庁とやり取りをして登録料を支払い、晴れて「ATHLETUNE(アスリチューン)」、「ENERGAIN(エナゲイン)」、「SPEEDCURE(スピードキュア)」の商標を登録することができました。

物事を決めるスピードは、サラリーマン時代に比較して圧倒的に早い(自分だけで決めるわけですから)のに対し、
全ての、そして経験のない業務を一人でこなすことで「組織のありがたさ」を感じたのも事実です。
「全て」を自分でやることで、たくさんの無駄と力(資金)を入れるべきポイント、その両方が少しずつ見えてきました。

そして、製品のイメージを決める「パッケージデザインはお金をかけるポイント」と判断し、
デザイナーさんにお願いすることに決めました。

パッケージデザインが決まる前に、試作品が納品されました。中身はもう販売用の製品と全く同じ。
後は、一人でも多くの方に使っていただいて感想(体感)を集める。
友人・知人の伝手をたどり、協力してくれる方にサンプルを送りました。
デザインは自作。ラベルは自宅のプリンターで印刷し、裏面には成分表示を入れて貼りました。

当時の試作品

このブログを書くにあたって、ネーミングを検討していた時の資料やパッケージデザイン案を見直しました。
振り返れば、製品を世に出すまでに越えてきた壁は高くて多かったと思います。
ただ、自分の自分の製品が世に出るという高揚感、またメーカーさんのお力添えの中で、勢いで突破してきた感じです。

処方もネーミングも別の候補のものを採用していたら、
言うまでもなく今のアスリチューンとは全く別の製品になっていました。

Vol.7に続く…。

アスリチューンが生まれるまでVol.6 さて、どうやって知ってもらう?

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*

このサイトをシェア

    

HAYATO NET SHOP

隼三上からのお知らせ

三上
アスリチューン継続使用サポートプログラム実施中です!隼ネットショップをご利用後、翌々月末までに隼ネットショップで再注文してくださった皆さんに、注文本数の10%のポケットエナジーをプレゼントしています!ぜひご利用ください。詳しくはこちら
Return Top UA-75241542-1