アスリチューン

TOPICS

ATHLETUNE
ポケットエナジー白オレンジ味が登場!
ATHLETUNE3種類の製品情報
エナゲイン・スピードキュア・ポケットエナジー
ATHLETUNEはこうして誕生した!
製品誕生3つのストーリー

【アスリチューン広報宣伝局ニュース】局員将醐の宣伝活動報告(2017.7.23 戦国ヒルクライム in 韮崎甘利山)

23日に開催された戦国ヒルクライム in 韮崎甘利山。

www.tour-de-nippon.jp

自分自身も走ったことはありませんが、標高差1138m、平均斜度9.5%に設定された今回のヒルクライムコース、「甲斐の国 激坂決戦」と銘打たれているくらいですから「結構キツい」コースのようです。

9.5%の斜度とは「100m進んで9.5m上がる」を表すそうで、自転車で登る坂としては結構な斜度です。

今回、いろいろ調べているうちに「全国ヒルクライムリスト」というサイトを見つけました。

hillclimblist.com

※こちらのサイトは「独自の方法で峠、ヒルクライムルートを採点し難易度をランキング形式で表示しています」とありますので、比較の手段として参考にさせていただきました。

全国の有名な峠・ヒルクライムルートの評価が掲載されていますが、山梨県のランキングを見ると、このコースは★×5個の「超級」認定を受けているようです。それくらいヤバめのコース。のようです。

今回の出店も将醐局員を同行させていました。当初は出走の予定はありませんでしたが、特別にお取り計らいいただいて出走することに。
ロードレースの出走経験はありますが、本格的なヒルクライムは初めて。果たして大丈夫なんでしょうか…?。クリテリウムや周回コースでのレースではなく、出発後は戻ってくるまで何も手助けできないので不安です。

当日、朝ごはんのヨーグルトは起床後(4時半)すぐに、おにぎりもなるべく早く食べた方が良いので麦茶と一緒に5時に食べさせました。スタート前の出来るだけ早いうちにトイレに行かせる作戦です。

会場に到着したら、まずは自転車のセッティング。タイヤの空気圧は7Barに。ボトルにはスポーツドリンクを満タンに。最後は2人でラジオ体操。

www.youtube.com

将醐局員が準備できた自転車でスタッフ用の駐車場をぐるぐる回っている間に、ゴール後に受け取る荷物を預けます。この荷物の中には、下山時に着るための長袖のパーカーとアスリチューン5本(ポケットエナジー3本とエナゲイン2本→寒い時に飲む用)。

朝ごはんは食べましたが、やはりレース前にはアスリチューン。スタート前にポエットエナジー×1とオレンジ味×1を食べさせました。

f:id:athletune:20170724144309j:plain

作戦通りにトイレも早めに済ませ、後はスタートを待つばかりです。カテゴリー別に指定されたエリアで待機しつつ、ライダーズミーティングを受けます。公道を使ってのレースなので、開催中の信号の扱いやルールに耳を傾けます。

f:id:athletune:20170724143121j:plain

前日の日中は差すような日差しで暑かった半面、夕方にはあっという間に水溜りができるほどの雨が降っていました。レース当日は曇りで暑さによるダメージは少なそうなものの、雨が降れば下山時にスリップしたり濡れたウェアで体温が低くなったり。不安は尽きることはありません。

f:id:athletune:20170724144648j:plain
にもかかわらず、本人は本格的なヒルクライムが楽しみでこの笑顔。
「無理しないで良いから他の参加者の皆さんに迷惑をかけないように」と言い聞かせて送り出すしかありません。

f:id:athletune:20170724145121j:plain
いよいよスタートです。
この後、会場に戻ってくるのは恐らく12時過ぎごろ。それまでは様子は全く分かりませんが、「楽しかった」と戻ってくるのを待つしかありません。

ブースの運営をはじめ早い選手が戻って来る頃、ポツリポツリと雨が降り出しました。なんとか本降りにならないように祈っている頃、ようやく戻ってきました。

f:id:athletune:20170724151145j:plain
戻って来るなり「お疲れ様でした」と後ろの女性に言い、そそくさとトイレに向かう将醐局員(下山途中から我慢していた模様)。「?」と思っていると、どうやら将醐局員を気にして一緒に降りてきてくださったとのこと。「凄く安定した下り方でしたよ」「途中2回、一緒に休憩してきました」と言って頂きました。
その他にも、ゴールするや否や「息子さん、頑張って走ってましたよ」とか「元気にゴールしてました」と教えて下さる方もいらっしゃいました。

今回、全くの無傷で戻ってこられたのは、周りの皆さんが見守ってくださったからですね。本当に感謝です。

そんなこんなで無事に戻ってきた将醐局員のリザルトはこちら。

f:id:athletune:20170724152335j:plain
まあ、初めてのヒルクライムでちゃんと完走できたのは上出来でしょう。「ヒルクライム、凄く楽しかった!」と言っているので、参加できる大会を探してみようと思います。

「出店」という仕事柄、会場には誰よりも長く滞在することになりますが、今回も大会前日の受付時から表彰後まで運営の皆さんをはじめたくさんの方に声をかけて頂いた将醐局員。
今回も今中さんやMCの片岡さんに可愛がっていただきました。写真撮らせて頂くときに、「アスリチューン取ってくる」と言えるようになったあたり、サポートアスリートとしての自覚を持てているようです。

f:id:athletune:20170724152807j:plain

ブースを撤収して会場を後にしたのが午後の2時。出発するや否や、ヒルクライムがどれだけ楽しかったか、自分がどれだけ頑張ったのか、どれだけきつい坂があったのか、もう話が止まりません。ようやく高速入口に到着し、渋滞表示を見ると大月から10㎞渋滞。「10㎞渋滞だってさ!」と将醐局員を見ると…。

f:id:athletune:20170724154010j:plain
話すだけ話してたった30秒で速攻の寝落ち…。

大月からだけではなく海老名からも安定の渋滞にハマり、思いのほか時間がかかりましたが、自宅に到着したのは17時半。出店の後、明るいうちに帰宅するのは何だか不思議な感じです。

2人でシャワーを浴びながら楽しかった記憶を振り返りつつ「次はパパも出ようよ」と。

「いや、ブース対応しないといけないからなあ…。」とはぐらかしたのは言うまでもありません…。

隼の日常の活動風景はこちら ⇒ 隼FACEBOOK ページ
アスリチューンの全てがここに ⇒ ATHLETUNE オフィシャルサイト
スポーツゼリー・オイルのお申込みはこちら ⇒ 隼ネットショップ(楽天ID決済が使えるようになりました)
大好評!継続サポートプログラムの概要はこちら

LEAVE A REPLY

*

このサイトをシェア

    

HAYATO NET SHOP

隼三上からのお知らせ

三上
アスリチューン継続使用サポートプログラム実施中です!隼ネットショップをご利用後、翌々月末までに隼ネットショップで再注文してくださった皆さんに、注文本数の10%のポケットエナジーをプレゼントしています!ぜひご利用ください。詳しくはこちら
Return Top UA-75241542-1